人の命に
関わる仕事であり、
社会貢献度の高い職業

MS

柴田 慧

2014年入社 郡山第二支店 営業二課

入社当時のことについて

職種を絞らず「営業」というフィルターのみで企業を探していました。当初はこの仕事について、どういった仕事か、何をしているのか、何も知りませんでした。企業研究をしていく中で、患者さんの生命の維持に関わる医薬品を取り扱う仕事ということを知り興味を持ちました。入社後は決められた得意先に行くことが多く、飛び込み営業のようなイメージを持っていた為ギャップがありました。仕事内容や必要なスキルは学んでおりませんでしたが、歳の近い先輩方が多く、丁寧に指導して頂いた記憶があります。

職場の雰囲気は?

仕事での悩みもプライベートでの悩みも相談出来る方が多いように思います。販売活動が忙しく、大変な時もありますが、一緒に美味しいものを食べたり、気を遣わずに楽しくお酒を飲んだり出来るのはとても居心地がいいです。

入社当時から変わったことは?

時間に厳しくなった…得意先様へ訪問する際の時間等が設けられている場合があり、遅れてしまったら迷惑がかかるという意識をするようになった。薬(医薬品)に詳しくなった…自分の家族等が飲んでいる薬はどういう薬なのか、副作用はどういったものがあるのかという知識が身に付いた。

仕事で気を付けていること

些細なことでも報告するようにしています。以前までは、自分があまり気にしない情報は報告しなくてもいいだろう、と思っていましたが、他の誰かにとってはその些細な情報が重要な情報であることもあるため心掛けております。また、お得意先様にとって何が一番必要か、求めているものは何か(ニーズ)を考えるようにしています。

新卒者に向けてのメッセージ

医薬品を扱う、というだけでも使命感ややりがいはあると思います。医薬品は種類も多く、把握するのは簡単なことではありませんが、人々が健康で生きていくために必要不可欠なものです。こういう仕事もあるんだな、と思って少しでも理解して頂ければ幸いです。

先輩社員一覧

TOP